BLOGブログ

【お客さまの声を、次の家づくりに活かしています】

  • 2019/10/10

こんにちは! 藤島建設の広報チーム岩井です。

 

10月10日といえば体育の日を連想される方も多いのではないでしょうか。2000年に10月の第2月曜が体育の日に改められてからもう20年近くになります。そして来年からは名称が「スポーツの日」に改められるそうですよ。時代は変化していますね。

 

もちろん家づくりも、日々刻々と変化しています。でも昔から変わらない物があります。それは、実際に住んだ方の声を聞くということです。藤島建設は常によりよい品質を追い求めていますのでお客様の声に耳を傾ける事は重要な事だと認識しております。お引渡しした際に新しいお住まいの感想を必ず伺うようにしているんです。

 

たとえば、電話対応や受付の対応営業担当の接客態度や設計担当の説明内容、そして工事担当の接客態度など、人に関するご意見をアンケートという形でいただいています。また、デザインや使い勝手家事動線や上下階の音など、実際に住まわれてみてのご感想もいただくなど、内容は多岐にわたります。こうした項目を5段階で評価いただいているほか、自由にご記入いただくスペースも設けています。

 

仮に「コンセントの位置が、もっと高かったらよかった」というご記入があれば、詳しいことを聞き取りに伺います。こうしてお客さまの声をしっかり受け止め、ほかのスタッフと共有することで、次の現場に活かしているのです。

 

半世紀以上という永きにわたって活動してこられたのは、こうした努力を欠かさなかったからだと自負しています。