BLOGブログ

キッチンの換気扇はどう選ぶ?種類と特徴を解説します

  • 2021/10/01

キッチンは、料理が好きな人にとってこだわりたい部分ではないでしょうか。

現在の住宅は、キッチンとリビングやダイニングが一体となったLDKが主流となっており、キッチンの換気扇を見ても機能性だけでなくデザイン性も求められるようになってきています。

種類が多いため、いったいどのように選んだらいいのか迷われる方も多いかもしれません。

この記事では、キッチンの換気扇の種類や特徴について解説します。

 

換気扇のファンの種類と特徴

キッチンの換気扇のファンは、以前はプロペラファンという扇風機の羽のような形状のものが一般的でした。

ですが、現在の主流はシロッコファンです。

シロッコファンとは、縦長の細長い板状の羽根が筒状にとりつけられているファンのこと。

プロペラファンは安価で取り付けが簡単、排気量も多いのがメリットです。

反対にデメリットは、外に直接排気するため壁にしか取り付けられないことと、騒音が大きく匂いが外に漏れやすいこと。

シロッコファンは、ダクトを通して排気するため、ダクトを通せば壁や天井などどこにでも設置することができます。

騒音も小さく匂いが外に漏れにくくなっています。

また、取り外ししやすくなっており簡単に洗えるのもメリットです。

ただし、プロペラファンよりも値段は高く、また排気量もプロペラファンよりは劣ります。

換気扇のフードの種類と特徴

換気扇のファンを覆っている部分をフードと言います。

ファンを覆って大きくせり出したブーツタイプのフードが広く普及しています。

フードに取り付けられたスロットフィルターで集塵・集油するため、換気ファンのお掃除の頻度は低め。

また、フィルターをなくしフラットな整流板を取り付けた、スリムタイプのフードもあります。

フィルターがなくフラットで掃除しやすいこともあり、最近は、見た目がスタイリッシュでおしゃれなスリムタイプが人気となっています。

まとめ

掃除のしやすさや日々のお手入れのしやすさも大事ですが、リビングやダイニングからも見えるためデザイン性も大事にしたいキッチンの換気扇。

機能性もデザインもこだわりたいという方は、ぜひ一度理想の家づくりについて住宅の専門家に相談してみてください。

きっと素敵なプランを提案してくれるはずです。

 

藤島建設では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております。

困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!ご相談はこちらから!