BLOGブログ

おしゃれで便利な「ニッチ収納」 おすすめ設置場所をご紹介

  • 2021/04/19

インテリアとしても楽しめる「ニッチ収納」

 

「ニッチ収納」をご存じでしょうか?

 

ニッチとは、建築用語では「くぼみ」の意味で使われます。

壁の一部を凹ませて「くぼみ」を作り、本や小物の収納として利用できます。

 

また収納だけでなく、お花や雑貨など、好きなものを飾って楽しむことも可能です。

 

今回はインテリアとしても楽しめる「ニッチ収納」について、おすすめの設置場所をご紹介します。

 

「ニッチ収納」はどんな場所に作れるの?

 

壁厚が十分なら、ニッチを作ることは可能です。

 

しかし、以下の場所は基本的に作ることはできません。

 

・外壁に面した壁(断熱材を入れるため)

・耐力壁(構造上重要な役割を果たすため)

・柱、梁、筋交いがある部分

 

工夫しだいで設置できる場合もあるので、専門家に相談しましょう。

 

「ニッチ収納」のおすすめ設置場所

 

まずは、家の顔である玄関に作ってみてはいかがでしょうか。

玄関に横長のニッチを作って、上部にダウンライトを埋め込むと、まるでギャラリーのような雰囲気になります。

 

トイレでは、花や季節の小物を飾って楽しんだり、トイレットペーパーを収納するのにもピッタリです。

 

 

廊下や階段下、階段途中の踊り場など、ちょっとした空間にニッチを作って、さりげなく小物を飾ってみてもおしゃれですね。

 

キッチンの腰壁にニッチを作るのも人気があります。

調味料を収納したり、中にコンセントを埋め込む方法もおすすめです。

 

寝室の枕元にニッチがあると、就寝前に眼鏡やスマホを置くことができて便利ですね。

 

その他、リビングダイニング、子供部屋、洗面所など、あらゆるところで、工夫次第でニッチを活用することができます。

 

ただし、リビングダイニング、寝室などにおいては、家具を買い替えたときに、ニッチの高さや位置が使いづらくなることもあります。

 

一度設置すると、変更することは難しいので、設置の際には十分検討することが大切です。

 

「ニッチ収納」のことならプロに相談しよう

 

ニッチを取り入れることで、おしゃれで便利な空間を作ることができます。

 

花やグリーン、美術品などを飾っておしゃれな空間を作るもよし、本や生活雑貨を置く利便性を重視した棚にするもよし、好みにあった「ニッチ収納」を作ってみましょう。

 

藤島建設では、こだわりの「ニッチ収納」を実現された方の施工事例を公開しています。

ニッチの設計は、用途によって自由に変えることができるので、ご要望があれば事前にご相談ください。

 

藤島建設では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております。

困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!ご相談はこちらから!