BLOGブログ

坪単価を比較するときは要注意!面積計算について理解しよう

  • 2021/04/13

坪単価とは何?

 

「坪単価」とは、1坪あたりの建築費のことです。

家を建てるときの金額の目安として、一般的に参考にされている値です。

 

坪単価の計算式は、以下のようになります。

 

坪単価=建築費÷延べ床面積

 

1坪は約3.3㎡(たたみ約2枚分)、延べ床面積は、各階の床面積の合計のことです。

 

▶延べ床面積については、他の記事で詳しく解説しています

 

例えば、建築費が1500万円で延べ床面積が30坪なら、坪単価は50万円になります。

 

「延べ床面積」か「施工面積」か?

 

しかし、ハウスメーカーや施工業者によっては、延べ床面積ではなく、施工面積で算出する場合があります。

 

施工面積とは、実際に施工する面積のことです。

延べ床面積には含まれない玄関ポーチ、ベランダ、小屋裏収納、地下室などの面積も含みます。

 

坪単価は、割る数値が大きいほど小さくなりますよね。

よって坪単価は、施工面積で計算すると、延べ床面積で計算するより一見安くなるのです。

 

坪単価だけでハウスメーカーを比較することはできない

 

先述したとおり坪単価を、延べ床面積で算出するメーカーもあれば、施工面積で算出するメーカーもあります。

つまり、坪単価だけを見て、「メーカーAよりもメーカーBの方が安い」と比較することはできません。

 

坪単価を目安に家を建てる場合は、どの面積で算出しているのかを把握した上で検討することが必要です。

 

また建築費には、別途工事費や諸経費は含まれないことが多いですが、照明器具やクーラー、ガレージなどの費用を含んでいるメーカーもあります。

 

同じメーカー内であれば基準が一定なので、グレード別に比較するときに、坪単価を参考にするのはよいでしょう。

 

坪単価で分からないことはプロに相談しよう

 

建築用語は似た言葉が多く、ちょっとした意味の違いで、家づくりの損得は左右されてしまいます。

 

お施主様自身が言葉の意味をしっかりと理解した上で、信頼できる施工者を選びましょう。

 

坪単価は、計算に使う面積によって違いが出るということを、頭の隅に入れておいてください。

 

坪単価について分からないことがあれば、ぜひ藤島建設までご相談ください。

 

藤島建設では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております。

困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!ご相談はこちらから!