BLOGブログ

二世帯住宅の注意点とは?5年後に後悔しないための3ポイント

  • 2021/06/15

二世帯住宅の注意点とは

二世帯住宅は、経済的なメリットやお互いに協力しあって暮らせるなどのメリットがあり、ライフスタイルや将来設計によってはおすすめです。

ですが、二世帯住宅は場合によっては思わぬストレスやトラブルの原因となることもあります。

こちらの記事では、二世帯住宅で失敗や後悔をしないための3つのポイントについて解説したいと思います。

二世帯住宅で後悔しないための3つのポイント

①プライバシー

二世帯住宅は、間取りによってはプライバシーが保たれにくいというデメリットがあります。

別々の世帯が一緒に暮らすことになるので、お互いに干渉しすぎないなどあらかじめルールを決めることが必要かもしれません。

また、完全分離型の二世帯住宅ならお互いのプライバシーを守りながら、程よい距離感で暮らすことができます。

②金銭面

食事などを分けずに一緒に取る場合など、電気代や食事代の負担をどうするかについても、あらかじめ決めておいた方が良いでしょう。

どちらかに負担が偏ってしまった場合、思わぬトラブルになりかねません。

特に金銭面はデリケートな問題ですので、前もって意見をすり合わせておく必要があります。

③生活リズムや価値観の違い

お互いの生活リズムや価値観の違いにも気をつける必要があります。

食事を一緒に取る場合、食の好みや味付けが違うなど、よくコミュニケーションを取る必要がある場合があります。

また、生活時間帯が違う場合には、早朝や深夜の物音に気を使ってしまうかもしれません。

まとめ

子育てを一緒にできたり、親の老後も安心という意味では、二世帯住宅は非常にメリットがあります。

ですが、ささいなことがストレスやトラブルの原因となってしまい、デメリットの方が大きくなってしまうこともあります。

きちんと前もって話し合ったり、生活をシミュレーションした上で計画するほうが良いでしょう。

二世帯住宅の間取りについては、ぜひ専門家に相談してみてくださいね。

 

藤島建設では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております。

困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!ご相談はこちらから!