BLOG社長ブログ

仕様②(住まい造りへの想い㉜)

  • 2017/09/17

 

 

多くの方が住まい造りで気にされるのは、水廻りや床暖房などの設備が中心です。建築に精通していないみなさんにとっては分かりやすく身近な部分だからです。

そして、もうひとつ、耐震性を気にかける方が多く見受けられます。気になるふたつなのですが、みなさんの意識は大きく異なります。

 

自分の好きなデザインや使い勝手など前者においてはショールームを見学したり、ネットで調べたり熱心な方が多いのに比べ、後者においては住宅会社におまかせ。

 

確かに耐震や断熱などは専門的な内容で難しく、また、平時に崩れてしまう住まいなどございません。ここに住宅会社の姿勢が大きく分かれます。

みなさんがお任せする、信頼することを逆手に取り品質とコストを大幅に下げる、乱暴な言い方をすれば手抜き工事をおこなうことがあるのです。

わかりやすく車で例えるならば、ナビやAV、シートの生地やボディのフォルムには高級な素材を使用し、本来一番大切なエンジンは品質の低く価格の安いものを使用する、高級車のボディに軽自動車のエンジンを搭載するということが実際におきているのです。