BLOG社長ブログ

ミュンヘン出張④

  • 2013/03/02

 

ミュンヘン出張ブログの最後はいつもどおりグルメリポートにさせていただきます!

 

ドイツ出張では大好きなので毎日のように食べるのが「プレッツェル」です。プレッツェルというと日本ではグリコから発売されている「プリッツ」やアメリカではスポーツ観戦の定番にもなっているスナック菓子をイメージされるかもしれませんが、ドイツの「プレッツェル」とはパンです。

ビアホールではスタッフが売りに来る伝統もありますが、一般的なパン屋さん、駅売店でも売られております。表面には岩塩がまぶされており、それを落としてから食べるのが正式と聞いたのですが・・・、そのままの方がしょっぱくビールがすすむのでお勧めです。

DSC01276.JPG

ビアホールでは籠に入ってテーブルに置かれている場合もあります

 

DSC01277.JPG

白い粒々が塩です

 

P1190855.JPG

パン屋さんにはいろんな種類のプレッツェル が並んでいます

 

IMG_2614.JPG

たっぷりのバターがプレッツェル の間に塗られています

 

 

ミュンヘンの代表的な料理と言えば、白ソーセージ(ヴァイスヴルスト)です。日持ちがしないので午前中にしか出さないというお店もあるほどこだわっています。周りの皮は食べられませんので剥がしてからいただきます。

DSC01170.JPG

白ソーセージとプレッツェル 

 

P1201032.JPG

レストランではお湯の入った壺のような容器からひとりひとり取り分けてもらう

 

P1201328.JPG

カレーヴルストもよく見ます

 

肉料理でもうひとつオーソドックスなのはカツレツです。現地ではシュニッツェルと呼ばれており、ポテトフライなどが一緒に盛られているのですが、実はジャムがついている店が多くみられます。ホテルのそばの地元の方しか行かないようなレストランでも当然のようにジャムがついていました。同行した二人はおいしく食べていましたが、何度挑戦しても私には馴染みません。

IMG_2597.JPG

小さな器にジャム

 

P1180537.JPG

同行した二人が絶賛したブルーベリージャム

 

P1190814.JPG

地元のレストランにもジャム 私には合いません

 

ちなみに写真はそのレストランで注文したステーキ。その大きさにびっくり!!アメリカのステーキも大きいのですが、ドイツも負けてはいません。

 

P1190818.JPG

あまりの大きさに一同苦笑い

 

P1190819.JPG

名刺の大きさとサイズを比べてください

 

—–ミュンヘン出張終わり—–