BLOGブログ

安心して暮らせる家を建てるために。藤島建設の家づくりにかける情熱 ~藤島建設ってこんな会社です②~

  • 2020/11/20

こんにちは! 藤島建設の広報チーム岩井です。

 

今月よりスタートした、藤島建設の自己紹介。

OB様にとっても、最近藤島建設を知っていただいた方にも、新たな発見になれば嬉しいです。

2回目は、藤島建設が家づくりにかける情熱をお話します。

ぜひご一読ください!

 

202011-5.jpeg

 

◆高耐震性を追求して独自に開発した『ハイフレイム工法』

地震大国日本では、家づくりに高い耐震性が求められます。

藤島建設では、耐震性をさらに追及したハイフレイム工法を開発しました。

従来の木造工法と比べ、高い耐震性を実現することができます。

藤島建設では家族がいつまでも笑顔で暮らせるための家づくりを、ご提案いたします。

 

◆構造材はすべて自社生産の木材を使用

構造材とは、建物を支える骨組みとなるもので、柱や梁、土台などがそれにあたります。

構造材は家を支えるとても大切な部分。

だからこそ自信をもって提供できる材料でなくてはいけないと考えています。

藤島建設では構造材に使用する木材はすべて自社生産したもの。

ご家族を守ることができる、安心安全な家づくりをお約束します!

 

◆どうして葛巻の木材を使用しているのか

藤島建設で生産している木材は、主に岩手県葛巻町周辺のカラマツです。

葛巻のカラマツは寒いところで育っているので丈夫で堅いため、構造材にもぴったりでした。

さらに葛巻町はバイオマス発電や風力発電、畜ふんを使用した発電などにも取り組んでいて、そんな環境への想いに共感した私たちは、葛巻町に自社の森を持ち、毎年植樹を行っています。

 

◆『地中熱』を利用した、環境に優しい家づくり

地中熱は、太陽からの熱が地中に蓄えられた熱エネルギーのことです。

地表から10mくらいの地中は、その地域の年平均気温の+1~2℃程高い温度であると言われ、埼玉では16℃前後であると言われています。

地中熱は、太陽光、風力、水力などと同じく再生可能エネルギーに規定されています。

埼玉県でも再生可能エネルギーの復旧に力を入れていて、藤島建設でもこの地中熱を家づくりに取り入れた家づくりを行っています。

 

このように藤島建設は皆様のさいたまでの暮らしをサポートしています。

さいたまで家を建てるなら、私たち藤島建設にどうぞお任せください!

 

▼さいたまで家を建てるなら、藤島建設にお任せください! ~藤島建設ってこんな会社です①~▼

https://fujishima-kensetsu.co.jp/post_1929/