BLOG社長ブログ

住まい造りへの想い①

  • 2014/07/26

 

 

中国にて生産された使用期限の過ぎた肉をマクドナルドやファミリーマートが販売していたというニュースが昨今マスコミを騒がせております。

詳細な事実関係は分かりかねますが、本当であれば私たちの健康被害を直撃する深刻な問題だと思います。しかしながら、もっと大きな問題は、主要商品の安全を販売会社がきちんと確認できていないことではないかと思います。

 

実は私は先週も岩手に出張してまいりました。その目的のひとつが私たちの主要材料である木材の安全性の確認です。私たちの製品がお施主様に安全に提供できるように「自分の目で耳で手で、見て・聞いて・触ってくる」。当たり前のことだと思っております。

 

 20140718_164454.jpg

 岩手県ラミナ(挽き板)工場にて

 

このような信じがたい報道が多い中、私たちの「住まい造りの想い」をあらためてお施主様にお伝えし、そして私どもをパートナーに選ぶか悩まれている方、さらには、住まい造りを真剣に考えていらっしゃる方のお役に立てるようこのブログにてメッセージしていこうと決心しました。

 

ヨーロッパには「人は生涯で3人の先生にお世話になり、素晴らしい先生と出会うことが大切だ」という古い言い伝えがあります。

一人目は、人が必ず迎える命の終わりに天国に導いてくれる先生、素晴らしい牧師にめぐり合うこと。

二人目は、病気になったときに病気を治してくれる先生、素晴らしい医者にめぐり合うこと。

三人目は、病気や怪我にならないような家を建ててくれる先生、すばらしい建築家とめぐりあうこと。

 

私たちが素晴らしい建築家か否かはみなさまにご判断いただくことですが、私たちはみなさまの健康を守り、みなさまの夢の実現のためのお手伝いをする重責を担っていることは事実です。

 

みなさまの夢の実現を叶えるお手伝いをする会社はいくつもございます。そして、誰といっしょに夢を叶えるかを決めるのはみなさまです。ただ、私どもと一緒に夢を叶えようと思われる方、住まい造りを真剣に考えていらっしゃる方に、私どもの想いをお伝えしていきます。住まい造りを通じた夢の実現はみなさまだけはできません。同じ考え方のできる本当のパートナーを見つけることが大切なのです。そのパートナーが、ヨーロッパの言い伝えのようにみなさまにとって「素晴らしい建築家」であるためのご判断のお役に立てるように思いをお伝えしていきます。