SDGSSDGsの取り組み

持続可能な開発目標(SDGs)とは

2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された
「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、
地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、
日本としても積極的に取り組んでいます。

藤島建設の行動目標

藤島建設の取り組み_1家づくりから広がる街づくり

地域に根差した家・街づくり

藤島建設は埼玉県県南地域に限定した家づくりを行なっています。
これは地域の気候に根ざした家づくりを考え、住まわれる方が長く快適に過ごせることを追求するためです。
また技術面においても自社開発による「ハイフレイム工法」で建物の耐久性を従来の工法より格段にアップさせ、
安心して住める家づくり、そこから広がる街づくりに貢献しています。

環境にやさしい家づくり

CO2排出を抑える自然エネルギーの活用も自社開発し家づくりに活かしております。
家庭用太陽光エネルギーのほか、地中に蓄えられた熱エネルギーを利用する「地中熱システム-Geotto-」を開発し、
多くのお客様に導入いただいております。また、国が作成した「エネルギー基本計画」において年間に消費するエネルギー量が
概ねゼロ以下となる住宅の普及を目指す「ZEHビルダー」に登録されています。
藤島建設は住心地がよく、環境にやさしい家づくりを推進していきます。

藤島建設の取り組み_2自然環境への取り組み

木材の育成から行っています

藤島建設では家づくりを通じて森林保護活動を行っています。
当社では岩手県葛巻町のカラマツを中心に、構造材は全て国産材を使用しております。
この地の木材を買い付けるだけではなく、森林所有者や製材加工者と連携し植樹から行っています。
植樹活動においては自然教育の一環を担えればと思い葛巻町の子どもたちと共に行っています。
この活動から当社でおこなうイベントに葛巻町の方々にも参加して頂いています。特産品の紹介、販売を通じて地域間交流の場を広げています。

全ての材料を大切にしています

森林保護を行っていく上で「間伐」を行ないます。
「間伐」をすることで森に残る良質な木が建築用木材として活用されます。
当社では自社の森で間伐した「間伐材」を利用して、オリジナル木質断熱材「フジシマウッドファイバー」を開発製造しています。
木質断熱材は欧米では早くから広く普及していましたが、国内ではこれから期待させる製品です。
当社では品質の良い製品を作る中で、開発生産過程から環境保護・環境負荷軽減を最大限配慮した取り組みを行っています。

エネルギー生産

家づくりに用いられる自然エネルギーの活用のほかに地域環境保全活動にも取り組んでいます。
木材生産でご協力を頂いている岩手県奥州市にて「太陽光発電事業」を2016年より開始いたしました。
家づくりに直接関わること以外でも地球全体の環境保護の一翼を担う活動を広げています。

藤島建設の取り組み_3未来へ向けた取り組み

子どもたちのためにできること

住宅建築という事業をとおして、未来を担う子どもたちのためにできることを考え取り組んでいます。
「さいたま市未来くるワーク」では、しっかりとした勤労観、職業観を育むために中学生に当社での職業体験を行なっています。
3日間の職業体験をとおして住宅設計について学び、将来の目標設定に役立ててもらいます。
地域のお子様には「大工さんの木工教室」を開催しています。工作をとおして木や自然の大切さ、
手で物を作ることの楽しさを知るきっかけになるよう行っています。
また「浦和レッズハートフルサッカースクール」のパートナーとしてサッカースクールを開催していいます。
子どもたちが元気に活動できる場を今後もつくり続けていきます。

地域の皆さまと一緒に

建築現場では近隣皆様への配慮を忘れずに事業を行い、建築事業以外にもショールームにおけるカルチャースクールやイベントの開催など
地域交流の場をつくり、地域の皆様と一緒に安心して住み続けられる街づくりに取り組んでいきます。
藤島建設は埼玉県県南地域を中心に60年変わらぬ姿勢でサービスを提供し続けてきました。
これからもその姿勢を変えることなく、事業活動を通じて持続可能な世界の実現に貢献していきます。