shere

close

blog

地下室で趣味を楽しむ!?そのメリット・デメリットとは?

2023/02/22

地下室と言えば、窓のない、薄暗くてなんだか寒そうな空間を抱いていませんか?近年の地下室はそんな暗いイメージから脱却し、趣味のために活用できるスぺ―スとして注目されています。大人の「秘密基地」のようで、心躍る場所とも言えます。この記事では、地下室のメリット・デメリットを紹介していきます。

地下室のメリット

地下室の最大のメリットは、土地の有効活用を可能にさせてくれることです。狭小な土地に家を建てる場合、生活空間を増やすために階数を増やそうとするのが自然です。ただ、それぞれの土地には「容積率」という、その土地の面積に対しての、建物の延床面積の上限が決まっているのです。階数を限界まで増やしたとしても、まだ居住スペースが足りないというケースも良く見られます

地下室は、そんな場合に大活躍します。「その建物が住宅として使われており、かつ地階の天井が地面から1m以下の位置にある」場合、地下室の容積率は延床面積の1/3まで緩和されるのです。なんと、現実の延床面積よりも3割以上広く建てることができます

また、地下室は、防音性・遮音性にも優れています。コンクリートと土に囲まれているため、衝撃や振動が伝わりづらいことが、優れた防音性につながっています。また、耐震性も高いため、大地震が発生した際などは、シェルターとしても使うことができます。地下室を設けたことにより、居住空間に余裕が出来たら、ギターやピアノ等、音楽のための部屋としても有効活用できます。

地下室のデメリット

地下室を設けるのであれば、そのデメリットについても認識しておくべきです。地下室のデメリットとしては、費用が掛かってしまうことです。地下室の設置には、山留め工事、型枠工事、鉄筋工事、コンクリート工事、防水工事等といった多様な工事が求められます。ご想像の通り、工事が多ければ費用がかさむのは当然です。予算を的確に見積もり、余裕を持っておくことが大切です

また、ひんやりしている地下室ですが、その外は高温多湿です。そのため、結露しやすいという問題もあります。コンクリート製なので、一度結露が発生すると、水分が抜け切るまでに長い時間を要します。

地下室でさらに快適な家づくりを!

この記事では、地下室のメリット・デメリットを紹介しました。容積率制限を乗り越え、余裕のある居住スペースを実現するための方法として、地下室は素晴らしい選択肢です。家族だんらんの場としても、趣味のための場としても使うことができます。

藤島建設では豊富な家づくりの実績を背景にして、お客様のご要望やライフスタイルにあったご提案やサポートをさせていただきます。
困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!ご相談はこちらから!

MODEL HOUSE