shere

close

blog

屋外ゴミ置き場で家事を楽に!その間取りの考え方とは?

2023/02/25

ゴミはどうやっても毎日出てしまうため、屋外ゴミ置き場の位置は、日常生活において意外と大切です。適切な位置に無いと、ゴミ捨ての効率が悪くなってしまいますので、家づくりの段階で決めておきたい場所の一つです。この記事では、屋外ゴミ捨て場の間取りの考え方を紹介していきます。

キッチン勝手口が近いとGood!

ゴミが最もよく出るのは、キッチンでしょう。キッチンでは生ごみがでるため、特に臭いや虫の発生源になりやすいです。そのため、生ごみを室内に置くのはできるだけ避けたいものです。そこで、キッチンの勝手口付近に屋外ゴミ置き場を設置することで、ゴミが出たらすぐに外に出すことができます。

キッチン近くの掃き出し窓の近くも良し。

土地や間取り等の要因で、勝手口を設けることができない場合もあります。その場合、キッチン近くに掃き出し窓を作ることで、屋外ゴミ置き場のためのスペースを得ることができます。人が出入りすることはできませんが、すぐにゴミを外に出せるため便利です。一度玄関に回って、靴を履いてから捨てに行くという面倒なことをしなくて済みます。

ゴミ収集場所に近い場所

ゴミ収集場所との距離感も大切です。これに関しては意外と気にしていない方が多いので、確認を忘れないようにしましょう。生ゴミは重くて運ぶのが大変なので、収集場所が遠いと大変です。家づくりの段階で、ゴミ収集場所を確認しておき、できるだけ近い場所に屋外ゴミ置き場を設けると、その後が楽になります。住む地域や住宅地によって、ゴミ収集場所は変わってくるので、事前の確認が大切です。

屋外ゴミ置き場で家事を楽ちんに!

この記事では、屋外ゴミ捨て場の間取りの考え方を紹介いたしました。ゴミは毎日出るもので、ゴミ捨ては毎週続きます。些細な手間を省くことで、家事は少しでも楽にできるようにしましょう。そのためには、家づくりの段階からの検討がおすすめです。

藤島建設では豊富な家づくりの実績を背景にして、お客様のご要望やライフスタイルにあったご提案やサポートをさせていただきます。
困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!ご相談はこちらから!

MODEL HOUSE