shere

close

blog

外構工事で素敵な庭を! 防犯・プライバシーも確保できる外構工事とは?

2022/10/15

外構ってどんなもの?

マイホームを購入すると、まずはそのまっさらな土地(更地)に家を建てます。その段階では、その家は塀や門、植木といった工作物、立木等のない、土地の上に家が建っているだけのシンプルな構造です。
「外構」が役割を果たすのはそこからです。建物の周りを整備することで、プライバシーの確保だけでなく、防犯上でも重要になってきます。具体的には、堀・門扉・門柱・駐車場の施工や、花壇・生垣などの施工、飛び石、砂利敷き、植樹、U字溝の配管や水勾配の決定等が外構に含まれます。

もし、購入したマイホームの窓が隣の家の窓と向かい合っていると、プライバシーを欠いてしまいます。そうなると、どうしても気を遣う場面が増え、今後の関係にも何かしらの影響を与える可能性があります。
引き渡しまでに外構工事を終えておくことで、以上のような不都合を防ぐことができるのです。

外構工事では何をするの?

先程述べたように、門扉・門柱・塀などの施工が外構工事と呼ばれます。
外構工事は、外構工事専門の業者さんとの話し合いを経て行われます。工務店やハウスメーカー次第では、住宅施工と同時並行で外構工事を施行してもらえるケースもあるようです。
外構工事の打ち合わせでは、ご自身の理想的な庭のイメージを伝えることが重要です。例えば、リビングやお風呂等、家の中から綺麗な庭が見えるように、また、お子様が安全に遊べる砂場が欲しい、犬が存分に走り回れるスペースが欲しいなどです。

また、住宅業界で「外構残し」と呼ばれるものもあります。これは家の引き渡し後に外構工事を行うことです。外構工事が完了するまで、塀や門といったプライバシーを確保する目隠しがない状態で過ごす期間が発生してしまうため、できるだけ外構残しは避けることを推奨します。

外構の庭づくりに与える影響

外構はどうしてもスペースを取ります。さらに、空間の間仕切りとしても機能するので、外構が庭のレイアウトを決定してしまいます。そのことから、先にどんな庭が理想かを考えた上で、外構について打ち合わせをしたほうが良いでしょう。

また、植樹についても打ち合せでご自身の意見を伝えておくといいでしょう。植樹も外構工事の一環として行われるので、そうすることでスムーズに事が進みます。意見と言っても、何か果実のなる木、や見た目が美しい木といった、簡単なものでも十分です。

外構業者との打ち合わせで気を付けること

外構において、機能が一番大事なのは間違いありません。しかし、見た目にもこだわりたいというお施主様もいらっしゃるかと思います。
そこで、やはり打ち合わせが大切になってきます。希望をきちんと伝え、業者と共に理想の庭を造っていけるようにしましょう。
また、業者選びのポイントとしては、希望に耳を傾け、質問に真摯に回答してくれる業者をおすすめします。さらに、お施主様の視点から的確な助言ができるとなお良いでしょう。

藤島建設では豊富な家づくりの実績を背景にして、お客様のご要望やライフスタイルにあったご提案やサポートをさせていただきます。
困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!ご相談はこちらから!

MODEL HOUSE