shere

close

blog

断熱性は「開口部」から!「樹脂サッシ」がおすすめの理由とは?

2023/06/28

「開口部」が家の断熱性を左右する!?

家の断熱性について検討するとき、「開口部」が重要な要素の一つとして挙げられます。開口部とは、窓、換気扇、玄関部のような家の内外の接点となる部分を指します。熱は、これらの開口部から逃げていきます。そのような開口部の中でも、最も数が多く、厚さの薄い窓の断熱をいかにするかが重要だと言われています。

窓の構成は、ガラス部分とサッシ部分からなり、断熱を考慮する場合、サッシ部分が特に重要になります。その理由は、サッシの種類によっては、窓部分の隙間が増えることによって気密性が低下してしまい、断熱性に影響してくる可能性があるからです。

また、サッシ部分は窓全体のデザインにもかかわってくる箇所です。普段なかなか気にかけることはないかもしれないですが、実際には断熱性とデザインにおいて重要な役割を果たしているのです。

この記事では、サッシの中でも特に優れた断熱性を誇る「樹脂サッシ」について紹介いたします。

樹脂サッシの特徴は?

近年においては、アルミで作られるアルミサッシが主に用いられていますアルミサッシは、非常に丈夫で、その上、価格も安いことが魅力です。一方、樹脂サッシは値は張るものの熱伝導率がアルミサッシの1000分の1であるため、その熱の伝えにくさから優れた断熱性を誇っています。

熱伝導率がさらに低いものには、木製サッシがあります。しかし、木製サッシは樹脂サッシよりも気密性が低く腐食防止などのメンテナンスが必要であるため、デメリットを考えると樹脂サッシがより実用的と言えるでしょう。

値が張ると述べた樹脂サッシですが、長期的な目線に立つと樹脂サッシの方がお得になる場合もあります。なぜなら、熱伝導率が低いため結露の発生率が下がり、気密性が高いことにより冷暖房効率も良いことが想定されるからです。メンテナンス費用や電気代についても、お得になる可能性があります。

上記のような多くのメリットを有する樹脂サッシの効用を最高度に発揮するためには、性能のいいガラスとの組み合せが重要です。断熱性の高い複層ガラスと一緒に利用すると、樹脂サッシの性能をより活かすことができるでしょう。

注文住宅でサッシまでこだわろう

普段の生活では、サッシに気を配ることはおそらくないでしょう。しかし、建築業界では家の断熱性とデザインを決定づける重要な要素として知られています。樹脂サッシは、アルミサッシよりも高価です。しかし、近年では、アルミと樹脂のハイブリッド商品などのような、安価でありながら高性能のサッシも販売されています。

藤島建設では豊富な家づくりの実績を背景にして、お客様のご要望やライフスタイルにあったご提案やサポートをさせていただきます。
困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!ご相談はこちらから!

MODEL HOUSE