shere

close

blog

土地選びは学区を考慮すべき?家の建築前に知っておくべき豆知識!

2023/06/20

土地選びは、理想的な住環境を手に入れるために非常に重要なプロセスです。その際、お子さんがいると通うことになる学校についても考えることとなります。

学校には学区があるものですが、その学区が土地選びにどのような影響を及ぼすのかを説明できる人は少ないことと予想されます。

そこでこの記事では、土地選びの際の判断基準となる「学区」について解説いたします。

「学区」と土地選びの関係

新築住宅のための土地選びに関するポイントは多岐にわたります。通勤・通学の利便性、近隣環境、周辺の施設、治安が良いかどうか、親族が近くに住んでいるといった要因が挙げられるものです。

また、単純にその土地が好きというご自身の気持ちの重要です。その中で、「学区」は土地を選ぶ際の一つの判断基準になります。小学校・中学校と合計9年間に関係してくるからです。

以下で、学区について詳細に解説していきます。

学区って何?

そもそも学区とは、公立小学校・中学校において指定されている区域を指しています。またの名を通学区や校区ということもあります。住む地域に応じて、どこの公立小学校・中学校に通うことになるのかが決められるのです。中には例外もあるものですが、学区外の学校に通学できないのが原則です。

学区は、小学校への距離だけで単純に判定されるものではありません。交通量の多い道路を避ける、危険な場所を通らずに通えるといった通学時の安全にも配慮されて決定されます。

通いたい学校がすでに決まっている場合、当該自治体のホームページを一度見てみることをおすすめします。

学区によって人気の差がある?

子供がすでに通っている学校を転校させたくないとき、今後通わせたい公立の小学校・中学校が決まっているときは、その学区内で土地を探しましょう。

もちろん、それぞれの公立小学校・中学校には、評判の良し悪しがあり、せっかくなら評判のいい学校に通わせたいものです。そのような学校の学区では、希望者が多くなり、土地の値段が相場より高くなっていることもある可能性があることを頭に入れておくことが大切です。

学区を考慮する場合、どのタイミングで土地を購入すべき?

学区を考慮する場合、土地を購入するタイミングとして2つに大別することが出来ます。

  1. 小学校入学前に、学区を選ぶ
  2. 小学校入学後に、決まった学区内で選ぶ

子供がすでにある小学校に通学しているときに別の学区に引っ越すと、転校を強いられます。現在、小学校入学前のお子様がいるとなると、入学前に家を設けておくほうが良い可能性もあります。

また、入学後に選ぶ場合でも、その学区内で土地を見つけることで転校する必要がなくなります。その学区が人気であれば、良い土地を見つけるのが困難な場合もあるので、できるだけ早く探し始めましょう。

まとめ

土地選びに当たっては、多様なポイントに気を配るべきであり、学区はその中の一つです。学区は、公立小学校・中学校に通う場合の区域分けを指します。
すでに通学中の子供がいて転校を避けたいのであれば、学区内で土地を探しましょう。しかし、近隣環境などの希望条件を満たすのが困難で良い土地が見つからないこともあります。

藤島建設では豊富な家づくりの実績を背景にして、お客様のご要望やライフスタイルにあったご提案やサポートをさせていただきます。
困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!ご相談はこちらから!

 

MODEL HOUSE