shere

close

blog

銘木が銘木たる理由 オーク材とウォールナットはなぜ愛され続けるのか

2022/10/28

ホワイトオークとブラックウォールナット

オークとはいわゆるナラのことです。ナラは北欧インテリアで最もよく使われている木材の一つです。一方で、ウォールナットは世界三大銘木の一つであり、欧米の一流ホテルや豪宅で見られるほどの高級な木材です。両者の共通点として耐久性が高く、傷が付きにくいため、家具からフローリングという幅広い利用を実現する人気の木材です。

オーク材の中でも北米産のものは、ホワイトオークと呼ばれます。名前の通りその色は白っぽく、虎斑と呼ばれる魅力的な木目を持っています。使えば使うほど深い褐色へと経年変化していくのも使用する楽しみです。

それに対し、ウォールナットでよく用いられるのは、ブラックウォールナットと呼ばれるものです。その深みのある色が重厚感を演出し、家具やフローリングに威厳を持たせてくれます。ホワイトオークとは違い、ブラックウォールナットは、経年変化によって黒みが抜け、だんだんと色が薄くなっていきます(色あせとも呼ばれます)。色が濃くなっていく木材がほとんどなので、色が抜けていくのは非常に珍しいことです。

ナチュラル系と言えばホワイトオーク材、ダークブラウン系と言えばブラックウォールナット材と覚えておくと、シンプルでいいですね。

フローリング

オーク材のフローリング

ホワイトオークの床に使用すると、床全体をナチュラルな色味にすることができます。その色味は部屋に明るい印象を与え、カントリー調や北欧インテリアにぴったりです。

ウォールナットのフローリング

ブラックウォールナットの床は、その濃い色合いから重厚感を演出してくれます。様々なテイストに合わせやすく、ヨーロピアンテイストからアジアンテイストまで、幅広いジャンル用いられます。

ダイニングテーブル

オーク材のダイニングテーブル

ホワイトオークのダイニングテーブルは、その明るい色味と美しい木目で食卓に最適です。そのため、無垢のダイニングテーブルでは、最も使用されているものの一つです。

ウォールナットのダイニングテーブル

ブラックウォールナットのテーブルは、ダイニングルーム全体を高級感に満ち溢れた印象で包み込んでくれます。重厚感のある素材で、その色合いも相まって主張が強いため、部屋全体のバランスを考慮に入れてのコーディネートが必要です。

床材、家具の材料に関する質問は藤島建設まで

人それぞれ理想の床材や家具の風合い等があり、それらは追い求めていけばいくほど、費用を要するものです。「諦めてもいいかな」と思ってしまうこともあります。
費用のことを考えると、絶対に必要なものを優先するのは大切なことです。
しかし、家づくりの場合、家全体にかかるコストである総費用という概念が重要です。家全体の費用と照らし合わせる前に諦めてしまうのは、おすすめしません。

少し予算オーバーだからと言ってあきらめると、この先ずっと後悔し続ける可能性だってあります。また、買い替えのことを考えると、本当に良いものは値段も高いですが、かなり長持ちするものです。長期的な目線に立つと、それがコスト削減につながっているかもしれないのです。
迷ってしまったら、一度プロに相談してみてください。総費用、新築のインテリアについてのアドバイスも的確にしてくれます。

藤島建設では豊富な家づくりの実績を背景にして、お客様のご要望やライフスタイルにあったご提案やサポートをさせていただきます。
困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!ご相談はこちらから!

MODEL HOUSE