shere

close

blog

少しの工夫で洗濯を楽に!ベランダ、バルコニーの間取りはどうすべき?

2024/01/28

目次

雨の日の洗濯は大変な作業

洗濯の負担を軽減する間取りとは?

専門家に相談して理想の間取りを

まとめ

雨の日の洗濯は大変な作業

洗濯は毎日行う家事の一つです。

ただでさえ大変ですが、台風や梅雨の時期は特に悩みの種になりやすいですよね。

雨のせいで外に干せなかったり、湿気で乾きづらかったり、部屋干しのニオイも気になったりと、気になることだらけです。

さらに、部屋干しすると、部屋が洗濯物でいっぱいになりがちです。

この記事では、マイホームの建築時に知っておくべき、日々の洗濯の負担を軽減する間取りを紹介していきます。

洗濯の負担を軽減する間取りとは?

・洗濯物干し場を洗濯機と同じフロアに設置する

バルコニー、ベランダ、室内干しスペースは、すべて洗濯機と同じフロアに配置することをおすすめします。

水を含んで重くなった洗濯物を抱えて階段を上り下りすることは、大変なのはもちろん、転落事故等のリスクもあります。

同じフロアで完結できればそういったリスクも軽減できます。

・ベランダやバルコニーで光と風を活用しよう

ベランダやバルコニーに屋根を設置するのであれば、光がうまく差し込むようなものにしましょう。

そうすることで、天気が悪い日でも外干しができ、晴れの日には乾きやすさアップにつながります。

できれば日照時間の長い南向きにすることをおすすめします。

また、どの方角からも風が通るようになると理想的です。

専門家に相談して理想の間取りを

洗濯はほとんど毎日行うため、ちょっとでも楽になると嬉しいですよね。

雨の日でも気にせずに洗濯物を干せる工夫をすると、かなり負担を減らせます。

ベランダやバルコニーの間取りの設計には専門的な知識が求められるため、住宅の専門家に相談してみましょう。

 

まとめ

ベランダやバルコニーの間取りを工夫することで、天候に左右されることなく洗濯することができます。

日々の家事の負担を軽減し、さらに快適な生活を手に入れましょう。

洗濯を楽にする間取りなど、家づくりに関してお悩みがございましたら、ぜひ藤島建設までご相談ください。

 

藤島建設では豊富な家づくりの実績を背景にして、お客様のご要望やライフスタイルにあったご提案やサポートをさせていただきます。
困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!ご相談はこちらから!

MODEL HOUSE