shere

close

blog

美しい曲木家具で生活を飾ろう。曲げ木の仕組みと適している木材

2022/10/22

曲げ木って何?

曲げ木とは、木材に蒸気を当てることによって、理想の曲線を実現できる加工を施されたものです。曲げ木家具は、ボルト等金属を用いられた家具と比較すると、木そのものの温もりが存分に伝わってくる曲面を演出できるのが利点です。さらに、木を曲げる加工は、強度を上げ、耐久性を高くするという点も魅力的です。例を挙げると、発売から80年経過しているartek社のスツール60は、その当時売り出されたもの(80年前の椅子)が、今でも壊れずに使われ続けています。
その他、曲木の脚をもったL-レッグテーブルや、日本で作られた曲木家具などもあります。

可塑性とは? 木はどうして曲がる?

まず木の性質として、水分が多分に含まれた状態で熱すると柔らかくなります。そして、自由に変形することができるのです。このようにして木を曲げることができます。
この性質は、「可塑性(かそせい)」と呼ばれています。「塑(そ)」という字には、土という文字が入っていて、「土をこねて形を作る」という意味が元来あるのです。土ではないものの、思い通りに変形できる性質にぴったりの漢字ですね。

どのような木材が曲げ木に向いているか

職人が良く言うのは、「粘りがある木が曲げ木向いている」ということです。これは先ほど述べた可塑性について言及したものです。

オーク材(ナラ)

曲げ木の王道は、オーク材です。オーク材はそれくらい曲げ木家具に使われている木材です。木そのもののナチュラルな雰囲気を出してくれることから北欧家具でしばしば用いられ、日本製の家具でもオーク材で作られたものは多く見られます。その美しい木目は虎斑と呼ばれ、経年変化により深い飴色に移り変わっていくのも愛される理由です。

バーチ材(カバザクラ)

先ほど紹介したArtekのスツール60は曲げ木家具と言えばこのデザイナーというアアルトにデザインされました。そして、そのスツールはフィンランド産の白樺(バーチ材)で作られております。曲木によってその美しい脚の曲線が表現されており、耐久性にも優れています。
フィンランドという国は、その大半が森林です。そのため、木材資源が非常に豊かで、その環境を存分に活かして作られたのがスツール60です。この製品は、美へのこだわりのみならず、アアルトの祖国フィンランドの資源を最大限に活かしたものです。

ビーチ材(ブナ)

こちらも曲げ木に適しており、日本製の曲木家具で名を馳せている秋田木工さんや、ヨーロッパ製の家具にも多く用いられています。

楡(ニレ)

楡の特徴は、その木目の粗さです。独特な木目を映えさせるために暗めの色合いでよく塗装されます。粘りが強い(可塑性が高い)ため、曲げ木としても適しています。インテリアのアクセントとして、その木目が活躍してくれます。

杉などの針葉樹

ここ最近では、杉に代表される針葉樹を曲げ木として使用するという試みもなされています。

お気に入りの曲木家具と共に住もう

曲木家具をうまくその家の空間と調和させたオンリーワンの家づくりをご希望でしたら、ぜひ藤島建設までご相談ください。

藤島建設では豊富な家づくりの実績を背景にして、お客様のご要望やライフスタイルにあったご提案やサポートをさせていただきます。
困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!ご相談はこちらから!

MODEL HOUSE