shere

close

blog

世界の絶景㉜(モンテネグロ・コトル湾)

2023/06/30

 

世界の絶景ベスト5、みっつめの紹介はモンテネグロのコトル湾。

アドリア海に面するモンテネグロにある翼を拡げたような形の湾、そして、その最奥部にあるのが港町コトル。クロアチアのドブロブニクからコトル湾沿岸をぐるっとドライブしながら陸路にてコトルに向かう、その道中すべてが絶景です!

ぺラスト沖に浮かぶ小島

 

拠点となったドブロブニクは「アドリア海の真珠」とも呼ばれる美しい街並みで世界遺産にも指定され、アドリア海沿岸でも傑出した観光地である一方、つい30年ほど前のユーゴスラビア内戦の無残な爪痕も残っているクロアチア南部の街です。

 

ドブロブニクの街全体が城壁に覆われています

城壁の上をぐるっと一周散歩できます

紛争博物館には内戦の悲惨な展示が

 

ドブロブニクからコトルまではレンタカーにて約2時間。途中の国境超えには、若干時間をとられますが、モンテネグロに入るとすぐにコトル湾。

国境越えの検問は何となくどきどき

 

コトルに向かう途中、コトル湾の翼の中央上部にぺラストという小さな街があります。ぺラストの沖にはふたつの島が浮かび、ひとつは教会、ひとつは修道院。教会の島へは5分ほどのボートに乗って上陸もできます。フィヨルドが連なるコトル湾の景観を眺めながらのクルーズは息を飲むほどの美しさ、一見の価値ありです。

 

コトル湾に浮かぶ教会と修道院のある小島

ぺラストの小さな街を見ながら小さなボートでのクルージング

 

最終目的地のコトルもドブロブニク同様に世界遺産の高い城壁に囲まれた都市で、特に古代の長い城壁が市街地の上までそびえ、そこから眺める街並みとコトル湾はまさに絶景です。

城壁が山の上の方まで続きます

城壁と堀と海に囲まれたコトル旧市街

高台にある教会とコトル湾を望む

 

帰路は時間短縮のためコトル湾の翼の廻りを通らずにショートカットするカーフェリーを利用。フェリーからの夕焼けでコトル湾の絶景を締めくくりました。

えぐれたコトル湾をまたぐカーフェリーで時短

フェリーからの夕景

MODEL HOUSE